『囚われのパルマ Refrain』とは

囚われのパルマ Refrain』とは、ある島で囚われている謎多き青年の心と記憶を、貴方の手で紐解いていく体感恋愛アドベンチャーです。

前作と同様の美しい世界観に今作より新たに加わった機能もあり、パワーアップしました。

恋のお相手であり、記憶喪失の青年“チアキ”を担当するのは石川界人さん、面会や、監視・ミニゲームに至るまで全て彼のボイス付き!さらに島民達にも豪華声優陣が名を連ねています。(フルボイスではありません)

 

実田 千聖(CAPCOM)がキャラクターデザインを担当し、美しい3Dモデルで細やかに描かれています。貴方の画面へのタッチや視線に反応し、彼から向けられる言葉はまるで“チアキ”がそこにいるように感じられます。

『囚われのパルマ Refrain』は、全8話完結で1話ずつ配信されます。プロローグとエピソード1が無料でプレイでき、それ以降はエピソードごとに購入します。

 

~あらすじ~

貴方は、落ちていた本をきっかけに青年を助けました。

助けた青年“チアキ”と面会するため、ある島の収容所にやってきた貴方はそこで身に覚えのない疑いをかけられていると知ります。

事件の鍵を握っている“チアキ”という青年は記憶喪失。

疑惑をはらすために彼の記憶を取り戻すことに協力するように頼まれ、相談員として彼と面会するように…

 

彼の記憶に隠された真相とは…?!

 

ゲームの仕様

タイトル画面は椅子のイラストに、穏やかなピアノ。

美しい海の風景から、回想が始まります。

景色は変わり、人が倒れているシーンになります。この青年が“チアキ”です。チアキがうなされてつぶやいていた「メリサ」とは一体?

視線で駆け引き

まずチアキのいる収容所を訪れます。施設では看守さんに案内され、内部を進みます。シリーズで初登場の保護室と呼ばれる部屋があります。

部屋をのぞくと、ベッドでチアキが気だるそうにしています。彼に声をかけます。見知らぬ貴方を警戒してじっと見てくるチアキ。ここで目のアイコンが表示されました。

これは、視線を動かせるという合図で、端末を傾けること視線を好きな方向にもっていけます。視線を変えることでキャラクターのリアクションが得られます。

前作にあったタップ操作(ガラスをトントンと叩ける)から、さらにパワーアップしたシステムです。会話とは別のやりとりが楽しめます。

SABOTの進化

面会後、貴方の相談員としての仕事が始まります。その時渡されたスマホに入っていたのがSABOT(サボット)です。サボテンのサボミちゃんが相談員についてや、端末の使いかたを指南してくれます。

まず行うのは “監視”です。

チアキのお部屋を密かに観察します。カメラの機能も多彩で、定点カメラが複数あり、今作からカメラの角度を左右に変更できます。

また、忙しいときはカメラがチアキの姿をついて回ってくれるAUTOモードという便利な機能もあります。

!!マークが出現するのは何か重要なことがある時なのでタッチしてよう

 

そして、次に行うのは” メッセージ”機能でのコミュニケーションです。メッセージのやりとりにもいくつか選択肢があり、返信の内容によってチアキのリアクションも変わります。

次に行うのが“外出”です。“外出”では、朝と昼の計2回、島を散歩できます。島で色々なスポットを巡って、チアキとの面会やメッセージでの会話の取っ掛かりをつかんだり、アイテムをゲットします。体験プレイでは、公園と図書館、雑貨店を訪れることができます。

個性的なサブキャラ

島民とのコミュニケーションも大事です。最初に出会ったのは、おかま口調の慎之介という人。前作に登場したシンディーと同じ人かと思われます。本作は、前作の5年前がという設定なので少し風貌が違うようです。

また、図書館で働く門司(もじ)さんも面白いキャラです。彼は、仕事中でもゲームをして正直不真面目ですがアイテムをくれたりするので案外イイ人です。

また看守もいいキャラです。今回は須田という方で勤勉な印象です。島内には他にもキャラが隠れていそうです。

チアキの謎にせまる

 ゲームのおおまかな流れは午後まで島の散策や、チアキとメッセージでの交流をします。夜からはアイテムを差し入れするか、就寝か面会。このサイクルでチアキと仲良くなっていきます。

“差し入れ”というのは、チアキに贈り物ができる機能です。夜に送った差し入れが、翌朝に渡されます。

監視でチアキのリアクションが見られるのが面白いです。差し入れや、外出での話題はチアキの記憶の謎を解くカギになるかもしれません。

差し入れ料理

「素朴な甘さのシュトレン」

レンタル衣装

「カフェ店員のエプロンセット」

面会は、チアキと直に話せる貴重な機会です。話すときには選択肢が出てきますが、これが正しい選択肢という概念はなく、貴方の本当の考えでプレイが進められるのは『囚われのパルマ』シリーズの魅力です。

チアキと面会するのは保護室というところです。前作までとは違う環境なので、新たなシチュエーションでどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。最初に部屋を訪れたときはベッドから起き上がる、今までにない姿を見ることができました。さらに、課金することで面会時間を延長することができます。

 

面会延長の他にも上記のような差し入れやレンタル衣装も課金で楽しめます。

また、それらのコンテンツを含んだ「バラエティセット」もあり、別々に買うよりお得です。

 

まとめ

前作までの魅力である厚みのあるストーリーやキャラクターデザインはそのままに、新たに追加された機能や進化したシステムなども注目です。

エピソードを読むシステムなので『囚われのパルマ』シリーズをプレイしたことのない方でも十分楽しめる内容です。チアキのキャラクターも今までシリーズとは違った闇をかかえている様子で気になるストーリーになっています。

ちなみに、雑貨屋さんの名物店主も出てきます。本作は五年前という設定なので、髪の毛のボリュームも要チェックです。

内容がたっぷりあるので一話だけでも楽しめます。一話360円で全8話あるのでミステリー小説のような重厚感があります。サスペンスが好きな方にもおススメです。

 

ダウンロードはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です